いとのまにまに

ARTICLE PAGE

出会い。

1390962201615.jpg

加賀ゆびぬきとの出会いは、手芸関係のブログ巡りをしていた時に偶然見かけたのが最初でした。
美しい糸で様々な模様が細工されたゆびぬき。
かわいい!キレイ!何これ自分で作れるの?!一目惚れでした

すぐに大西由希子さん著の絹糸でかがる加賀のゆびぬきを購入。
その頃ちょうど某通販会社のキットが発売され、初めて作るには材料も揃っていて良さそうだったので即注文。
それが加賀ゆびぬきを作るきっかけになりました。

届いたキットで作ったゆびぬき1個目は、かなり気持ちを引き締めて作ったので
初めてにしてはなかなかの出来。
気をよくして2個目を作ってみたら1個目ほど上手く作れなくて、早くも挫折。
それから何度かチャレンジしてみましたが、どうにも上手くいかず、
その後入院やら何やらですっかりゆびぬきとは無縁の生活を送っていました。
退院後、やはり諦められなかったゆびぬき作りに再チャレンジ。現在に至ります。

この本は現在も一番のゆびぬきの教科書として日々参考にしています。
説明もわかりやすく、簡単なものから複雑なものまで一通り作れるのがいいんですよね~
そしてどの作品もとっても素敵なんです

実はもう1冊、ゆびぬきの参考書にしている本があります。
高原曄子さん著 加賀の指ぬきと花てまり帖

こちらは先程の本と比べると、ちょっとハードルが高い気がします
かがり方も逆ですし、説明が簡潔すぎて初心者にはちょっと難しい気が…
しかしこちらも素敵な作品がたくさん載っているので、頑張って解読して作ってみたい!と思わせてくれる本だと思います。
もちろんゆびぬき慣れしてる人でしたら悩まずに作れるのでしょうけど…


- 0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。